笑いは健康と人間関係に有効

以下は笑いが『健康と人間関係に有効である』という科学的根拠に基づいた有効性を抜粋したものです。以下のみならず、笑いは様々な効果があると今日も研究されています。

笑いの有効性を知り、笑いで人生を変えましょう!

①エンドルフィンによる「多幸感」をもたらす。
他の人達と笑うことで、多幸感をもたらす脳内ホルモン〜エンドルフィンが分泌されます。笑いは薬物の有毒性は持ちませんが、麻薬と同じような作用を誘発します。

②抗うつ剤と類似する効果がある。
笑うことで脳内の神経伝達物質である「セロトニン」が活性化します。これは抗うつ剤と似た作用であり、脳活動を活性化することが解っています。

③心臓を守ってくれる。
笑いは血管や心筋、心疾患のダメージから守ってくれる抗炎症作用があります。

④免疫力をアップさせ、抗ガン作用を促す。
笑いは免疫のコントロール機能を司っている間脳に興奮が伝わり、情報伝達物の神経ペプチドが活発に生産されます。善玉神経ペプチドはNK細胞を活性化し、免疫力を高めます。

⑤記憶力・集中力・想像力・思考力が活性化する。
笑いによって脳波の中でもアルファ波が増えます。その結果、脳がリラックスし、海馬や大脳新皮質が活性化します。

⑥人間関係の構築を促進する。
女性が結婚や恋愛の対象となる男性に望むものの上位にユーモアのセンスを挙げています。男性が自分の冗談によく笑う女性を好む傾向性があります。一緒に笑うことが多いカップルの方が、より良い関係を維持できるのです。

笑いは健康と人間関係に有効

更新日:

Copyright© 脳活笑いの学校 , 2018 All Rights Reserved.